« たくさんの失われた窓のために | トップページ | 星峠の棚田より by 空倶楽部 »

2017年7月 1日 (土)

死者へ、生者へ

201706303
「死者へ、生者へ」

ちょっと重そうなタイトル。

周りには、死を連想させる新聞の切り抜きが。

友人の「何が言いたいの?」

の問いに

「考えるな、心で感じるんだ!!」と返しておきました(笑)

201706304

かわいいなこれ。

とか、素直に思えばいいのかなと。

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

にほんブログ村

コメントのお返事は、ご訪問に代えさせて頂きます♪

現在、旅行中です。お返事遅れます。。

« たくさんの失われた窓のために | トップページ | 星峠の棚田より by 空倶楽部 »

15.NIGATA」カテゴリの記事

コメント

確かに、芸術は、考えるものではありませんね。

芸術派、「きもちいい!」か「きもちわるい!」で、判断しています(笑)
優れた評価の芸術作品でも、気持ち悪いのは、嫌いです(笑)

こんばんは

↓の失われた窓のために・・もそうですが、人それぞれ何かを感じ取れれば・・言葉では言い表せない何かを・・

今日のも心にズンッっと重く感じられれば・・説明も何も要らないと思います^^
小さな命・・可愛い~^^

重たいテーマでも色んなものをアピールし、各人が感じることにこの作品の意図があるのかもしれませんね。と言いつつ自分が直に見たらどのように感じるのだろう。。。

こんばんはです。^±^ノ

そうです。素直に心で感じ取ればいいのです。^±^
と、この話は解き明かしている。
イソップの寓話にも出てきそうなテーマですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たくさんの失われた窓のために | トップページ | 星峠の棚田より by 空倶楽部 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ