« 旧古河庭園のしだれ桜 | トップページ | 小石川後楽園のさくら »

2013年4月 6日 (土)

さくらのDNA

Web04021

先日、教えてもらった話なのですが。。

ソメイヨシノ同士での結実が不可能なので、種子では増えないとか。

なので、ほとんどのソメイヨシノは、接木などで増やされてるそうです。

元をたどっていくと、かなり限られた数の原木につながるということ。

つまり、ほとんどのソメイヨシノは、 原木のクローンということに。

それが、すべてのソメイヨシノが、一斉に咲いて一斉に散る理由になってるとか。

これから先も、同じDNAを持った桜が、一斉に咲き誇るんですね~

にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ←ポチッしていただけると励みになります♪

にほんブログ村

« 旧古河庭園のしだれ桜 | トップページ | 小石川後楽園のさくら »

13.TOKYO PHOTO」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

そうですね。ソメイヨシノは、挿し木で増やしますよね。
果物も、挿し木で増やすのは多いです。
りんごのフジとか、品種が分かるのは、ほとんどクローンです。

>アトムパパさん
りんごとかでもそうなんですね。
実がなるので、それから増やしていくものだと思ってました。

クローンだから、一斉に咲くって話、ちょっと面白いな~
と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧古河庭園のしだれ桜 | トップページ | 小石川後楽園のさくら »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ